読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正月108勝パーティー5 ~特殊ルカリオ~

こんにちは、もう正月なんて遥か彼方ですが108勝パーティーの紹介です。

 

マンムー           いのちのたま         前前々回

カプ・コケコ   ヒコウZ                   前々回

ウインディ       こだわりハチマキ 前回

サザンドラ       きあいのタスキ     次回以降

メガルカリオ   メガ石                     今回

マリルリ           とつげきチョッキ

 

今回は特殊メガルカリオです。

 


f:id:ring2631:20170116184807j:image

性格 臆病

B4 CS 252

しんくうは

はどうだん

ラスターカノン

わるだくみ

 

メガルカリオは物理型、特殊型両方ありますが、今回のパーティーは特殊型を組み込んでいます。

理由としてはパーティー内の物理アタッカーが多いということと、流行りのカプ・テテフに対する打点としてラスターカノンを打てること、受けループを構成するラッキー、ハピナスに強い、必中のはどうだんでむらっけオニゴーリに強いなどです。

また、うまくわるだくみを積めれば全抜きも狙えます。

 

立ち回りとしては有利相手に出していき、わるだくみを積むというのが理想です。

しかし、自分より速い相手にはめっぽう弱く、特にスカーフガブリアスやスカーフカプ・テテフには弱いですね。

しかし、テテフに対してはサイコキネシスは耐えませんが、ムーンフォースは耐えます。そこで、サザンドラ交換との拓を迫り、ムーンフォースを撃たせることができれば返しのラスターカノンで落とすことができます。

スカーフガブリアスに対してもサザンドラでじしんを透かせることができます。

つまりサザンドラとの相性補完がなかなか良いということですね。

 

また、相手のメガルカリオと対面した場合も特殊型は有利です。相手メガルカリオが物理で、少しでも削れているか、もしくはインファを打った後でとくぼうが下がっていればしんくうはで先制確一です。

 

物理型と比べたデメリットはじしんが覚えられないところでしょうか。

今回のレートではじしんの一貫性がとても高いイメージがあります。

特に地震がないと困るのはアローラガラガラとの対面でしょうか。

全く打つ手が無くなりますね。あくのはどうもありますが、やはり火力が低く、撃つ機会が少なさそうです。

またバレパンがないのでゴーストに先制技が入らない点も痛いです。

 

しかし、全体としてみて高速高火力特殊アタッカーが今回少ないので、とても活躍してくれています。

 

それでは、次回はサザンドラです。